春の白、冬の白。シャツとことば 第5章
2019-12-20

2020年、きれいな数字が並んだ年の始まりもやっぱり「春の白、冬の白。シャツとことば」展から。今年もつむぎやマツーラさんのご飯会や、シャツのハギレを使ったコサージュ作りなど、イベント盛り沢山。私は会場でのスライドショー上映の他、いつもと同じく最終日に朗読会を行います。春を迎える縁起物として!?笑顔いっぱいの組む東京へ足をお運びください。

2020年1月24日(金)〜2月1日(土) 12:30〜19:00 
*金曜のみ20:00までオープン
✳︎場 所:組む東京 access
*焼き菓子(コケス) *蜜蝋キャンドル(Wildtree) *お米(お米農家やまざき) 等を販売します。


◆2/1(土) 朗読会 『双子の星』宮沢賢治 19:30〜
日時:2020/2/1(土)19:00開場/19:30開演
朗読:宮澤賢治『双子の星』
料金:2,500円(税込)コケスの焼き菓子つき
予約:ウツクシキ  utukusikirodoku@gmail.comまで
   お名前とご連絡先電話番号をお知らせください。

*各種イベント

◆1/26(日) 『言の葉と静けさと~瞑想ごはんの会〜』
◆1/29(水)12:30-16:30「シャツのハギレを使ったコサージュつくりwork shop」 
✳︎主 催:組む東京AIRROOMPRODUCTS

【後記】

会場Movie:https://youtu.be/nPgWo3vY0tY
会場Movie音のみ:https://soundcloud.com/keiko-okayasu/shirtsandwords_vol05

「春の白、冬の白。シャツとことば。第5章」
今年も無事に最終日の朗読会を終えることができました。
会場となる組むさんは天井が高くて、後ろの窓に十字も掛かり、まるでチャペルのようだと思いながらいつも清らかな気持ちで朗読しています。
しかも今回は『双子の星』の物語に出てくる星めぐりの歌が、賛美歌のメロディが元になっているものだったので、歌うことにあまり気負いがありませんでした。
 
今回もまた沢山の新たな出会いと深まる仲に恵まれました。
これからもシャツとことばでいろいろな冒険をしていきたいと思います。


【後記】
朗読会に来てくださった安田奈美子さんが、感想を描いてくださいました。朗読会の感想を言葉で頂くことはあっても、絵を描いて伝えて頂いたことは初めてです。
こんな風に、自分が朗読したことが自分以外の誰かへ波及して、その人が次の何かを動かしていくというのはとても高貴で贅沢な事象と思います。
それは狙って叶うものではないと思うので、これからも気を抜かず真摯に活動していこうと思います。

by Namiko Yasuda


Copyright © 2019 utukusiki. All rights reserved.