ウツクシキ 人々 vol.5 M.asanuma
2021-07-13

朗読教室ウツクシキ では、個人レッスン受講生による朗読を「ウツクシキ 人々」としてご紹介しています。

* * * 

『銀河鉄道の夜』
作:宮沢賢治 / 朗読 : M.asanuma(朗読教室参加者) / 録音:2021年7月〜

六、銀河ステーション

そしてジョバンニはすぐうしろの天気輪の柱がいつかぼんやりとした三角標の形になって、しばらく蛍のように、ぺかぺか消えたりともったりしているのを見ました・・・



ところがカンパネルラは、窓から外をのぞきながら、もうすっかり元気が直って、勢よく云いました。「ああしまった。ぼく、水筒を忘れてきた。スケッチ帳も忘れてきた・・・・・



「ぼくはもう、すっかり天の野原にきた。ジョバンニは言いました・・・



七、北十字とプリオシン海岸

「おっかさんは、ぼくを許してくださるだろうか・・・・」
いきなり、カンパネルラが、思い切ったといふやうに、少しどもりながら、急きこんで云ひました・・・

Copyright © 2019 utukusiki. All rights reserved.